読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン147日目 - ビクトリア州に新しくできた祝日-グランドファイナルフライデー

ブログマラソン147日目。

 

ビクトリア州に新しくできた祝日-グランドファイナルフライデー

 

明日10月2日(金)はビクトリア州の祝日です。その名もグランドファイナルフライデー。何の祝日かと言うと、土曜日に行われるAFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)の優勝決定戦の前日(金曜日)を祝う日。Wikipediaによると、全豪オープン、メルボルンカップと並ぶオーストラリア最大のスポーツイベントだそうです。

AFLグランドファイナル - Wikipedia

 

このAFLグランドファイナルはメルボルンにあるMCG(メルボルン・クリケット・グラウンド)で行われます。ちなみに全豪オープンはMCGのお隣メルボルン・パーク(ロッド・レーバー・アリーナを含む)で、メルボルンカップはシティの北西部に位置するフレミントンの競馬場にて行われるものです。あまり意識したこと無かったのですが、これら国内最大スポーツイベントは全てメルボルンで行われるのですね。そして、メルボルンカップが開催される日も、実はメルボルンだけ祝日となるのです。競馬レース日が祝日になるっていうのも凄いですね。下記Wikipediaの引用になりますが、競馬レース日が祝日になるのは、世界でオーストラリアだけだそうです。そりゃそうだろうな・・。

 

また、毎年この競走の開催日は、メルボルン大都市圏ではメルボルンカップ・デーとして祝日となる。競馬の競走のために祝日となるのは世界でもオーストラリアだけで、他に南オーストラリア州で行われるアデレードカップ、タスマニア州で行われるローンセストンカップ等がある。

AFLグランドファイナル - Wikipedia

 

そして、今回のグランドファイナルフライデーが祝日に設定され、メルボルンではスポーツ関連の祝日が2つになりました。それだけ、こういった大きなスポーツイベントがオーストラリアでは大事にされているのでしょうね。

 

実はこのグランドファイナルフライデー、調べてみたら祝日に決まったのが今年の8月19日なのです。たった1か月半前!! 私も先週上司に教えてもらうまでこの祝日の存在を知らなかったのですが、このぎりぎりで祝日に設定するの凄くないですか? 再来月AFLのグランドファイナルですよー。その前日を祝って新しい祝日作っちゃいますよーという感じの軽いノリ。もちろん実際はそんな軽いわけでは無いはずですが、それでもわずか1か月半前に公表するあたり、さすがオーストラリアと言ったところでしょうか。

 

このように、オーストラリアではクリスマスやイースターの休日といった国民の祝日以外にも、各州独自の祝日が設定されます。それらを合計しても祝日の数はそれほど多くないので、今回のように新たに祝日が設定されるのは大変ありがたいことです。

 

それにしても、オーストラリアのこういったゆるい感じは結構好きです。その内この勢いで全豪オープン決勝の前々日の金曜日あたりも、何かと理由つけて祝日にしてしまいそうですね。