読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン108日目 - アウトプットを意識するとインプットの質が上がる

ブログマラソン108日目。

 

アウトプットを意識するとインプットの質が上がる

 

ブログを始めて良かったことの一つが、「アウトプットを意識するとインプットの質が上がる」ということを身に染みて実感できたこと。

 

今までは自分の意見を公で発信する機会など無かったので、旅行したり、本を読んだりした後も、「あぁ楽しかったなぁ」で終わることがほとんどでした。しかし、こうやって意見発信の場を設けたことで、旅行記を書いたり、書評を書いたりするようになりました。そうしてブログの更新を続けている内に、旅行に行くときも本を読むときも今までと違う感覚で取り組んでいることに気付いたのです。その理由は、一つのことを深く掘り下げで考えてみたり、普段と異なる視点で見てみたりと、明らかにアウトプットを意識して行動しているからです。

 

例えばブリスベンに旅行(マラソン)に行ったとき、電車・バス・フェリーの中で使い勝手のよい交通機関を考えたり、モスバーガーがあることを事前に発見して、実際に食べて日本のものと比較して記事にしたりしました。ほんの些細な一例ですが、もしブログを始めていなかったら、こういったことを意識することも無ければ調べることも無かったと思います。

 

話すことでも書くことでも、一度仕入れた情報を吟味してアウトプットするとより心に残りますし、自分の中で咀嚼されることによって使える情報に変わります。そして、そのアウトプットを意識しながらインプットを行うと、より幅広く質の高い情報が得られます。アウトプットが大切、とは様々なメディアでよく出てくる言葉かもしれませんが、一度それを自分で体感したことで、「アウトプットが大切」という言葉そのものがただの謳い文句では無くなった気がします。