読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン77日目 - 英語ブログをやることによる3つのメリット

ブログマラソン77日目。

 

英語ブログをやることによる3つのメリット

 

私が日本語のブログ「思い付きニュージー」を始めたのが2013年の7月。現在の「思い付きオージー」と合せて約2年間ブログを続けています。しかし、実は日本語のブログを始める前に英語でブログをやっていたことがありました。

 

その英語のブログを始めたのは2012年の10月。会社を辞めてニュージーランドへ留学することに伴い、英語力の向上が必要になったので始めたものです。英語だと語彙力や表現力の欠落によりなかなか伝えたいことを伝えられないもどかしさがあったので、今はほとんど更新していません。

 

それでも英語のブログをやっていてよかったと思っていますし、特に英語を勉強したいという人にはお勧めします。

 

そんな英語のブログをやることによるメリットとして以下のようなことが考えられます。

①英語のライティング能力が上がる

②思考が整理できる

③世界中からアクセスがあり、文字通りグローバルになる

 

①当然のごとく英語のブログを続けることで、英語を書く力が向上します。英語を何も知らない状態で始めても意味はありませんが、ある程度英語を話せて読めるレベルに達している人にお勧めします。自分で英文を考えて作ることで話す力も向上しますので、総合的な英語力の向上に効果的です。しかもブログという形であれば楽しく続けられるので、無理なく続けられるのではないでしょうか。

 

②英語で書くとしても、思考の整理ができるという意味では日本語のブログを同じです。普段当たり前と思っているようなことでも、記事にしてみると意外な発見があることも多いです。英語でブログを書くとなるとあまり凝った記事を書くのは難しくなるので、むしろ日常の生活に焦点をあてて書くことが多くなります。結果的に普段の生活からの気づきが増えるかもしれませんよ。

 

更に日本語で文章を考えているときと英語で文章を考えているときとでは、脳の使われ方が違うはずです。ごく自然に駆使できる日本語で文章を作るのと、母国語では無い言語で悪戦苦闘しながら文章を作るのとでは、文章を完成させるプロセスが違うはずなので、脳の活性化にもよいのではないかと個人的には感じています。

 

③私はGoogleのbloggerという無料のブログサービスを利用していました。日本語でブログをやっている人には人気のあるサービスではありませんが、英語でブログをやるとなると色々なページでおすすめされています。その理由の1つが世界中からのアクセスが集めやすいということです。ブログが英語で書かれるとなれば、記事を書く対象は世界中に広がります。実際私も英語ブログをやっている中で、本当に色々な国からアクセスがあって単純に嬉しくモチベーションを保ちやすかったです。

 

f:id:kyohei071:20150723202521p:plain

私の英語ブログの国別アクセス数。トップ10しか掲載されていませんが、他にも色々な国からのアクセスがありました。 

 

以上のように英語でブログをやるメリットについてまとめてみました。私は現在仕事で英語のEメールを書きまくっているという状況もあり、それ自体がライティング能力の向上につながっているので、英語ブログを再開する予定は今のところありません。そもそも英語だとどうしても語彙力に限界があるので、本当に書きたいことを書けないというもどかしい気持ちがあったからこそ、日本語のブログを始めたという経緯があります。

 

しかしあくまで英語力を向上させたい、あるいはもっと世界中の人に見て欲しいという考えのある人には、ぜひ英語でブログを始めてみることをお勧めします。