読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

やっぱりブログは雑記で攻める

昨日、自分が当たり前だと思っていることは他の人にとって当たり前ではないことがたくさんあるはずだから、ということに関して記事を書きましたが・・・

 

 ブログで情報発信するために自分の過去を振り返る - 破天荒な海外生活ブログ

 

よし、じゃあ早速自分の海外生活を振り返って、ネタになりそうなことをリストアップしてみようと思ったのですが、


全然思いつきません(泣)


というか、そもそもこのブログのスタンスが明確になっていないから、どう情報を抽出すればいいのか分からないのですよね。


例えば、「これから海外に行こうと考えている人に情報提供する」ということだったら、その目的に即して頭の中の情報を整理すれば、ブログのネタになりそうなことは色々と出てくるとは思います。


ただ、自分の中でそういう情報提供をすることに面白味を感じていないというのもまた事実なのです。自分が提供できる程度の情報なんかちょっとググればすぐに見つかりますからね。自分の経験とつなぎ合わせて差別化するにも限度があります。


まぁだからこそ、私のブログではタイトルに「海外生活」という言葉を入れているにも関わらず、あまり関係ないことばかりを書いてしまう傾向にあるのです。


今日ずっとネタ探しをしようと色々考えていたのですが、結局自分がブログを続ける理由は何なのかという本質的な部分にたどり着いてしまうのですよね。


自分が海外で経験したことを発信することで少しでも誰かの役に立てばいいなぁとは思ってはいます。しかし、正直に言うとそれは建前で、なぜブログを続けるかと問われれば、結局他の誰でもない、自分のためにやっているのです。


先日もこのブログで似たようなことを書きましたが、ブログを書くことで、
・ポジティブな気持ちを保つ
・行動するきっかけを作る
・文章力が向上する


といったメリットを享受できると考えていて、見て分かる通り全て自分の為です。間接的に誰かの役に立ってくれればそれに越したことはありませんが、何よりもまず自分自身のことを考えてやっています。


その視点をまず変えるべきだよ、というご指摘はあるかも知れません。しかし、今までブログを続けることができたのも、上述した自分のための目的があるからであって、いきなり読者目線に立って役に立つ情報を提供しよう、なんていう風に簡単に視点を変えることはできないのですよね。


なぜなら、私にとってブログは仕事では無いからです。ブログでお金を稼ごう、ましてや生計を立てようとはこれっぽっちも思っていないので、そこに「ビジネス」という側面は存在せず、顧客目線(読者目線)なんてものもほとんど気にしていません。


ブログで収入を得ることに興味がないため、必然的にSEOやらアフィリエイトやらにも興味が湧きません。始めたころは多少気にしていたPV数も、今となってはほとんどチェックしていませんしね。


少しでも多くの人に見てもらうに越したことは無いのですが、自分がブログを書く目的を考えると、PV数はあまり影響しないのです。誰かに見られている、あるいは誰かに見られる可能性があるという環境さえ整っていれば、自分の目的は達せられるからです。


この文章が公表されているという事実が私にとって何より重要であり、そこが日記との決定的な違いです。


誰かに見られているからこそ、
極端にネガティブな文章は書きません。


誰かに見られているからこそ、
見られても大丈夫な文章を書こうと努力します。


誰かに見られているからこそ、
そこで宣言して逃げ場を無くす、あるいは何かの成果報告の場として、行動するきっかけを作ることができます。

 

これらのメリットを実際に体感しているからこそ、簡単に方針を変えられないというのが現状です。


ブログのネタは基本的に自分の経験から見つけてきますし、今の経験は基本的に海外生活からくるものですので、間接的には海外生活の情報提供という形になり得ます。


ただし、海外生活の情報提供をしようという目的でやろうとすると、思考が全く整理されず、逆に行き詰まってしまうなということを、今日のブログネタ抽出作業で感じてしまいました。


結局のところ、テーマなんか決めず、そのときの気分で書きたいことを書き殴る雑記がやはり自分には向いているのかなと。


こんなこと書きながらも、自分の気持ちや考え方なんてコロコロ変わるものなので、今後どうなるかは分かりませんがね・・・。