読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ハーフマラソンよりきつい!? グラウスマウンテン登頂レポート

さて、本日はバンクーバーの人気観光地の1つ、グラウスマウンテンに行ってきました。


昨日の宣言通り、ゴンドラは使用せず、グラウスグラインドというトレイルコースを利用しての登山です。


このグラウスグラインド、事前情報では結構過酷な感じを持っていましたが、結局どうだったのか。結論から言うと・・・

 


想像以上にしんどかった😅

 


しんどいんだろうなぁと思ってはいましたよ。でも自分なら大丈夫と高をくくって臨んでいたのです。何なら途中ちょっとトレイルランのつもりで走ってやろうかなんて考えていたほど(実際にトレイルランのイベントが開催されるコースです)。


しかし、登り始めて5分もしない内に自分の考えがどれだけ甘かったのかを痛感しました。


決して登山として難易度が高いわけでは無く、あくまでも「ハイキングコース」です。しかし、そのきついこと、きついこと・・・。


何と言っても傾斜がきつい!30°の傾斜なので、コース中のほとんどは木や石の階段が設けられており、ひたすら登って登って登りまくるのです。


f:id:kyohei071:20160821140651j:image


f:id:kyohei071:20160821140723j:image


f:id:kyohei071:20160821140743j:image



傾斜が緩やかな部分がほぼ無いので、ただひたすら登り続けるしかありません。道が狭いこともあり、簡単に「ちょっと途中で休憩」なんてことも難しいのです。


それでも人は多いので、後ろから来る人の邪魔にならないよう、ペースを保ち続けなければいけないプレッシャーがかかるので、自分のペースで進むことができず、それもしんどさを倍増させます。


しかも、登っている途中はきれいな景色に癒されるなんてこともないのです。頂上付近まではひたすら森の中を登り続けるので、木と石と斜面しか見えません(笑)。


1/4、1/2、3/4地点にそれぞれ標識が設置されているのですが、1/4に到達したときは正直絶望しましたね。「え、1/2の間違いでしょ?」と。ようやく3/4の地点に到達したときに歓喜したことは言うまでもありません。


f:id:kyohei071:20160821140805j:image


f:id:kyohei071:20160821140828j:image


f:id:kyohei071:20160821140849j:image


結局かかった時間は1時間10分。サイトに載っている平均1時間30分よりは
速く行けましたが、本当に大変でした。正直言うと、ハーフマラソンよりきつかった。


そんなきついコースでも、明らかに10歳以下と見られる女の子がすいすいと前に進む姿を見て、すごいなぁと感心すると共に、それを見て競争心を掻き立てて必死で追い越す31歳(笑)。平均より速かったのは、この大人げない競争心のせいかもしれませんね😄。


何はともあれ、登り切ったときに達成感を持てたのが何よりです。上からの眺めを楽しんだ後は、$10払ってゴンドラで下山しました。あんなに必死で登った山を10分もかからずに(体感では5分くらいだった)何の苦もなく降りるときの儚さといったらありません。


f:id:kyohei071:20160821140924j:image


f:id:kyohei071:20160821140946j:image

 
f:id:kyohei071:20160821140908j:image

あんなにあっさり元の位置に戻されると、何だか悲しい。例えるならRPGのゲームをやっていて、頑張ってダンジョンの奥深くまで行ったのに、セーブする前に消えちゃった、みたいな感じ。ちょっと違うか。


ちなみにこのコースにはまる人が結構いるようで、タイムカードを購入することで、自分のタイムを記録することができるみたいです(スタート地点とゴール地点でカードをかざす)。


その公式の最速記録は25分なんだとか!はっきり言って化け物です。当然走らなくてはそんな記録は出ないのですが、あのコースを走るということそのものがすごいです。とてもじゃないけど真似できないなぁ。


そんなわけで、グラウスグラインドは日本語で言う「ハイキング」の響きからはかけ離れた、苦行のようなものでした。修行が好きな人は是非お試しあれ。