読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

シアトルのガラス美術館

シアトルを象徴する建造物の1つがスペースニードル。ダウンタウン北部にそびえ立つ針のように鋭いタワーの上部には360度回転式のレストランも備え付けてあり、人気の観光地です。

しかし、私が実際に行ってみて抱いた感想は・・・ 

f:id:kyohei071:20160715125713j:image
『地味!!』

写真で見るとすごくきれいだったので結構楽しみしていたのですが、何か全然迫力無いし、ふーんという感じで終わってしまいました。これは世界3大がっかりの1つに繰り上げてもいいのではないでしょうか(そもそも最初から期待されていない!?)

ただメインはがっかりでも、その周りにある「サブ」はなかなかいい味を出しています。イベントができる大きな広場があったり(私が訪れたときはポーランドフェアをやっていました)、噴水広場で子どもたちが遊んでいたり、モノレール駅なんかもあります。大きなフードコートで一休みするのもいいでしょう。

そして私の一押しがスペースニードルの隣にある「Chihuly Garden & Glass」というガラス美術館です。

f:id:kyohei071:20160715125248j:image

f:id:kyohei071:20160715125307j:image
f:id:kyohei071:20160715125329j:image
f:id:kyohei071:20160715125348j:image
f:id:kyohei071:20160715125425j:image
f:id:kyohei071:20160715125443j:image
f:id:kyohei071:20160715125513j:image
f:id:kyohei071:20160715125532j:image
f:id:kyohei071:20160715125550j:image
f:id:kyohei071:20160715125600j:image
f:id:kyohei071:20160715125617j:image
色とりどりのガラスで作られたアートの数々。個人的に美術館やミュージアムってあまり好きでは無いのですが、ここはなかなか見応えありましたよ。

2012年にオープンしたシアトルの新名所。行く価値ありです。