読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

スターバックスの1号店という最強のブランド力

一時的に更新を止めると言っておきながら、やっぱり何か書かないと落ち着かない自分。病気かな(笑)。

今日はシアトル旅行記の一部を書きます。

f:id:kyohei071:20160713135522j:image
シアトルのパイクプレースマーケットにはスターバックスの1号店があります。1号店とはいっても、大っぴらに看板を立てているわけでもなく、普通のお店として佇んでいます。ただ1号店というだけあって、レトロな雰囲気を醸し出してはいますが。

f:id:kyohei071:20160713135733j:image

f:id:kyohei071:20160713135504j:image
外観が目立つ訳ではありませんが、その通りを歩いていて気づかないということは決してありません。なぜなら多くの人が集まり長蛇の列を作っているからです。近くにあるいくつかのお店の入り口を塞いでしまっているほど。わざわざスタバの店員が外にでてきて注意を促さないと統制がとれない。そんな状況です。

f:id:kyohei071:20160713135556j:image

f:id:kyohei071:20160713135617j:image
こんなに混雑するカフェが他にあるでしょうか。スタバ発祥の地というだけあって、道を歩けばすぐにスタバが見つかるような街なのですが、この1号店の混雑具合は群を抜いています。

商品は普通のスタバと同じだし、特別おいしいということは無いにも関わらずこの混みよう。市民に愛されるカフェというよりはもはや観光名所の1つ。

それにしても1号店という付加価値はものすごい。もちろん圧倒的なブランド力を持つスターバックスだからこそ大きな影響力があるのだと思います。

カフェとして最強のブランドであり、なおかつ後から決して加えることのできない「1号店」というプレミア。これはもうどんなカフェも太刀打ちできないのではないでしょうか。

因みに私は20分ほど並んで店内に入ることができました。こぢんまりとした店内で忙しく働く店員さん。

f:id:kyohei071:20160713135643j:image

せっかくだから味比べでもしようと、いつも頼むカプチーノを注文。ま、コーヒーの微妙な味の違いなんて分からないんだけどさ。スタバ1号店で買ったカプチーノというだけで何となく美味しく感じるのは不思議なものです。わざわざ20分並んだ価値があったというものか(笑)。

f:id:kyohei071:20160713135659j:image

スターバックスというブランドに1号店というプレミアがついた最強のカフェ。シアトルを訪れた際は観光地として楽しんでみてください。ゆっくりコーヒーを飲みたい人は他のスタバに行きましょう。