読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

何を始めるにしても早すぎることは無いし、遅すぎることも無い

ブログマラソン308日目。

 

今回、関西で色々な人に会って話を聞きました。転職する人もいれば新しいことを始める人もいて、私にとって大きな刺激になったことは間違いありません。

 

そうやって色々な人の話を聞いて感じたのは、何をするにしても早すぎることは無いし、遅すぎることも無い、ということです。

 

「まだ若くて経験も無いから」とか「今更始めるには遅いよ」といった言葉は言い訳にしかならないんだろうなと。何か年齢制限のある特殊なことならともかく、何の縛りも無い状態で、自分でやりたいと思っていることに対して躊躇する理由はありません。

 

海外に出る決断をしたとき私は27歳で、30歳になる前に自分を変えたいという気持ちがありましたし、それで結果的に大きく人生の舵を切れたわけです。しかし、もしその決断をしたいと思った年齢が現在の私の年齢である31歳だったとしたらどうだったのかなと想像してみても、それでもやはり同じ決断をしていたのではないかと思っています。

 

ワーキングホリデーのビザを申請できない年齢だとしても、そんなこと関係なく自分が行きたいと思ったのであれば海外に行っていたでしょう。今だから言えることかもしれませんが、その時にやりたいと思うことをやる。そのことに年齢なんて関係無いと思いますし、自分が納得のいくものであれば、その決断が早すぎることも遅すぎることも無いはずです。

 

「まだ○○歳だし・・・」とか「もう○○歳過ぎてしまったし・・・」なんていう馬鹿な考えは捨てて、やりたいと思ったときにすぐに行動できるようにしたいものですね。