読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

英作文の機会を簡単に作る方法

ブログマラソン303日目。

 

訪れた場所のレビューを英語で書く。英作文の機会を作る上で結構役に立ちます。

 

一定レベルの英語力を持つ人が英作文を上達させるためには、とにかく英語で何かを書く数を増やさなくてはいけません。しかし、仕事などで英文メールを日常的に書いているという人でも無い限り、中々そんな機会にも恵まれていないかと思います。

 

そんなときに私が有効だと思う方法が、自分が普段使用しているお店や旅行で訪れた場所について英語でレビューを書くことです。

 

例えば宿泊施設。私は今回3週間に及ぶアジア旅行のほぼ全ての宿泊施設を、オンライン予約サイトであるアゴダを通して予約しました。このアゴダを通して予約をすると、チェックアウトの後には必ず「このホテルはいかがでしたか?」というように、レビューのお願いメールが届きます。↓こんな感じ

 

f:id:kyohei071:20160305220045p:plain

www.agoda.com

アゴダは世界中で利用されているサイトであるため、レビューを書く際は言語を選択することができます。その際に英語を選択すれば、基本的な項目を5段階で評価すると共に、利用したホテルやその都市についてレビューを書くことができます。

 

エクスペディアやブッキングドットコムなど、似たようなサイトは数多くあり、海外でも利用されているものであれば英語でレビューを書くことは可能なはずです。

 

またトリップアドバイザーというサイトに行けば、宿泊施設だけでなく、旅行で訪れた観光地やレストランなどに対して1つ1つレビューを書くことが可能です。旅行でなくても地元で知っているお店があれば、それについて書くこともできるでしょう。

www.tripadvisor.com

 

こういったサイトで英語レビューを書くメリットは、英作文の機会を得られるだけでなく、自分が知っていることに対して文章を書けるということです。実際に自分が見て体験したことであれば書きやすいですよね。下手に英作文のテキストを利用するよりよほど練習になるはずです。

 

私も今回の旅行で滞在したホテル(ホステル)のレビューを1つ1つ書いています。数が多いのでまだ追いついていませんが、実際に書いてみると全然思い通りに書けなかったりすることもありますが、その際に単語や表現を調べたり、文章の構成を変えてみたりと試行錯誤します。そういう細かい作業の積み重ねが英作文能力を向上させることにつながっていくのかなと思っています。

 

仕事で英語メールを利用する人には必要ないこととは思いますが、市販のテキストでは退屈だと思っている人はぜひ利用してみてください。とにかく英語で何かを書きたいという目的で利用するなら、実際に予約などをする必要のないトリップアドバイザーを利用するのが良いかと思います。

 

www.tripadvisor.com