読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン230日目 - 期限付きのモチベーション - 最後の全力疾走

ブログマラソン230日目。

 

期限付きのモチベーション - 最後の全力疾走

 

1か月後に仕事を辞めるという状況になったとき、「これが最後だから頑張ろう! できる限りのことをやってやる!」となりますか? あるいは「もうあと1か月だし、どうでもいいか。最低限のことだけやろう」という気持ちになりますか? もちろん最後の1か月だからといって、特別気持ちに変化のない人もいるでしょう。

 

仕事を辞める直前。これはある意味ではモチベーションを最大限に上げる一つのチャンスだと思います。作家さんなどが締め切り直前になって全力で仕上げるのと同じような理屈だとは思いますが、もうこの会社にいられるのもあと少しという意識が働くことで一気にモチベーションを上げることが可能です。

 

私も最後くらいは全力疾走したい人間です(普段から頑張れ)。マラソン大会に出場しても、大抵最後の2kmはスパートをかけます。仕事の終わりをマラソンに例えるのは少し違うような気もしますが、「ゴール」が見えることで、ここからなら全力で走っても大丈夫という予測が付きやすくなります。

 

実際、今やっている仕事は「もうすぐ辞める人間に頼む仕事ではないだろう」というような仕事をしています。できる限りのところまでやってくれればいいとは言われているので、まぁそれならできる限りはやってやろうかという気持ちで仕事に取り組んでいるわけです。

 

ただ、どうしても自分は辞める人間だという意識から離れることはできません。通常の仕事の締め切りとの大きな違いはプレッシャーの有無です。自分がどんな結果を残したとしても辞めるには辞めるわけで、自分の昇進や評判に関わる話ではありません。期限はあるけどプレッシャーは無い(少ない)のが現状です。まぁ逆にプレッシャーから解放されることで、普段できないような仕事をできる可能性もあるのかもしれませんね。

 

そんなわけで、これからは年末年始の休みも返上で全力疾走します。といっても、辞める辞めないに関わらず、もともと年末年始の休みなんか無いんだけどさ(笑)。クリスマス、ボクシングデー、そしてニューイヤーズデーの祝日だけは休みですが、それ以外はフル稼働でございます。あと1か月、頑張ろう。