読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン133日目 - 旅行の計画で気分向上

ブログマラソン133日目。

 

旅行の計画で気分向上

 

吉田友和著『旅はタイにはじまりタイに終わる-東南アジアぐるっと5か国』を読みました。タイトルの通り、著者が香港、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアと東南アジアを回ったときの旅行記です。

 

今まで旅行記を本で読んだことがあまり無かったので、私にとっては凄く新鮮でした。出張で中国と台湾には行ったことがあるものの、東南アジアには行ったことがありません。ですので、こういった旅行記を読むと旅行意欲を掻き立てられます。

 

来年の1月か2月にはメルボルンを離れようと思っていますが、そのままカナダへ行ってしまうと真冬の時期に重なるので少々迷っています。日によっては最高気温が45度まで上がる真夏のメルボルンと、氷点下まで下がるカナダ。その気温差で体がおかしくなってしまいそうです。

 

まぁ気温差のことよりも、単純に寒さに弱い私は真冬のカナダには行きたくありません。そこで考えているのが、東南アジアをぐるっと回ってからカナダへ向かうことです。そうすればゆったりと東南アジアで時間を過ごし、真冬の寒さが抜けたところでカナダに向かうことが可能です。タイのバンコクで起こった爆破事件が記憶に新しいので、気が引ける部分はあるのは事実ですが、色々な国を見てみたいと心の中で思っているのもまた事実です。

 

あまりメルボルンに長居するつもりも無いので、ちょっとしたプチ海外旅行をするにはいい機会かなと思っています。いつか行ってみたいと思っているだけでは、その「いつか」は自分から行動しない限り訪れません。まだ何も決めていませんが、折角の機会を有効に利用したいところです。

 

今週末のシドニー、オーストラリアを離れる前に訪れる予定の東海岸(グレートバリアリーフやケアンズなど)、オーストラリアを離れた後の東南アジア旅行にカナダでのワーキングホリデー。計画を立てることが多すぎて頭がパンクしそうですが、同時に計画を立てるだけでも結構ワクワクしています。旅行って計画を立てているときが一番楽しかったりしますからね。遠足前日の気分と言ったところでしょうか。

 

兎にも角にも、こういうことを考えているだけで日常生活にもメリハリが出てきますし、仕事にもより一層精が出ます。ちょっとしたワクワク気分を維持しつつ、残りのオーストラリア生活を満喫したいものです。

www.amazon.co.jp