読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン127日目 - 結局カナダのビザを取得できたというオチ

 ブログマラソン127日目。

 

結局カナダのビザを取得できたというオチ

 

もうカナダのワーホリビザは諦めようかなぁという話をしたのが一昨日だったのですが、本日何とビザが下りました! 

goodman-australia.hatenablog.com

 

カナダのビザはほぼ諦めていたので、メールを見た瞬間は嬉しくて興奮しました。その反面、既に頭の中でアジア・ヨーロッパのワーホリ巡りを妄想していただけに、やや拍子抜けした部分もあります。

 

カナダのビザが下りたとなれば、私の方針はほぼ確定です。来年の(北半球での)春にカナダへ行き、冬を迎える前にニュージーランドへ行く。寒いのが大の苦手な私としては、厳しい冬を避けるに越したことはありません。ただし、万が一自分の満足する仕事に就くことができ、さらにビザのサポートをしてくれるなんてことがあれば話は別です。仕事次第では長期滞在も視野に入れるつもりでいきます。

 

アジア・ヨーロッパ巡りも楽しいとは思いますが、それらの地域では言葉の壁があり、できる仕事が限られているのは事実です。良い仕事が見つかる可能性のある英語圏で挑戦した方が、ワーホリのビザを有効に活用できるのは間違いありません。アジア・ヨーロッパはタイミングを見て観光で回ることにします。

 

次に考えるべきことはカナダでの滞在都市です。オーストラリアに来るときは何となく、「他の人が行かなそうなところ」、「日本人が少なそう」というイメージだけで最初の都市としてアデレードを選択しましたが、正直あれは失敗でした。今となっては日本人が多い少ないとか、他の人が行きそうか行きそうでないかということはあまり気にしていません。オーストラリアでは英語力の向上が一番の目的だった一方、カナダでの目標はとにかくより良い仕事を見つけることだからです。ニュージーランドとオーストラリアでの経験を活かしながら新しいことに挑戦してみたいという気持ちが強いです。

 

ですので、カナダではなるべく確実に仕事が取れそうな都市に行く必要があると考えています。何なら日本人が多いところの方が日本人にとっては仕事の需要は多いはずです。有名どころで言えば、バンクーバーかトロントでしょうか。オーストラリアでのワーホリははっきり言って無計画だったので、今回はしっかりと計画・準備をして臨みたいです。計画なんかすぐに崩れることは分かっていますが、準備をしていくのと全くしないのとでは、計画が崩れた後の行動に大きな差がでてきますしね。

 

実際にビザが下りたことで、ついにメルボルンを離れるという現実味を感じてきました。やり残すことが無いよう、今あることに全力で取り組んで、すっきりとした気持ちで新たな旅に出たいものです。