読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン92日目 - ブリスベン散策記②

ブログマラソン92日目。

 

ブリスベン散策記②

 

f:id:kyohei071:20150803105011j:plain

 

f:id:kyohei071:20150803105551j:plain

 

f:id:kyohei071:20150803105608j:plain

 

f:id:kyohei071:20150803114744j:plain

f:id:kyohei071:20150803115347j:plain

コアラ、コアラ、コアラ、コアラ、コアラ(笑)

 

8月3日、月曜日。これまた快晴の日に訪れたのは、ブリスベン市内からバスで30分弱程度に位置するローンパイン・コアラ・サンクチュアリです。130頭以上のコアラが飼育されており、世界最長の歴史を持つ世界最大のコアラ保護区です。

 

f:id:kyohei071:20150803110449j:plain

何と言っても特徴的なのは、多くのコアラを見れることだけにとどまらず、コアラを抱いて写真撮影ができることです。クイーンズランド以外の州ではコアラに触れることは違法となっているため、ここのコアラ保護区はコアラを抱くことが出来る数少ない施設なのです。私は行列に並びたくなかったのと値段を考慮した結果、写真撮影はしませんでしたが、きっとよい思い出になるのかなと思います。特にお子さんには人気のスポットと言えるでしょう。

 

また、施設内にはカンガルーやワラビーが放し飼いにされており、餌付けを行うこともできます。

 

f:id:kyohei071:20150803111827j:plain

f:id:kyohei071:20150803112333j:plain

f:id:kyohei071:20150803112339j:plain

f:id:kyohei071:20150803112612j:plain

f:id:kyohei071:20150803112901j:plain

飼育員の人によるオーストラリア固有の鳥類の紹介などのイベントもあり、長時間居ても楽しめるところです。

 

f:id:kyohei071:20150803114042j:plain

 

f:id:kyohei071:20150803114221j:plain

f:id:kyohei071:20150803114601j:plain

コアラ保護区での観光を終えた後は、ブリスベン市内に戻り、川の南側に位置するサウスバンクを歩き回ってきました。このサウスバンクはブリスベン市内でもゆったりと観光できるスポットとなっており、多くの人が集まっていました。その敷地内にはストリートビーチと呼ばれる人口のビーチが備え付けられており、皆人口の砂浜に寝転がりながらゆったりとした時間を過ごしていました。

 

f:id:kyohei071:20150803133016j:plain

 

f:id:kyohei071:20150803134502j:plain

f:id:kyohei071:20150803134505j:plain

f:id:kyohei071:20150803134514j:plain

f:id:kyohei071:20150803134638j:plain

f:id:kyohei071:20150803134801j:plain

f:id:kyohei071:20150803134924j:plain

以上、ゴールドコーストを含め、ブリスベン2泊3日の旅を楽しんできました。今回の旅をきっかけに、もっとオーストラリア国内を旅行してみたいという気持ちが強まったので、またマラソン大会に出るついでにでも、色々と回ってみたいと思います。