読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ブログマラソン6日目 - オーストラリアの気候

ブログマラソン6日目

 

今日は1日中雲がどんよりとしており、雨が降ったり止んだり。気温も12度までしか上がらず、ここ最近で一番寒い日でした。本格的に冬に突入してきたかなと。

 

オーストラリアは暑い国というイメージをお持ちの人も多いと思います。確かに夏はどこも暑いですが、年中暑いのは北部に限った話であり、南に位置するメルボルンの冬は東京並みには寒いです。地理上の緯度でいうと、東京が北緯35.6度、メルボルンが南緯37.8度で、東京よりも緯度が高く新潟と同じくらいなんですね。シドニーだと南緯33.8度で、福岡や愛媛と同じくらいだそう。オーストラリアの北端、ダーウィンは南緯12.5度と沖縄よりもはるかに緯度は高く、一年中暑いです。

 

今日韓国人のお客さんが一人チェックインしましたが、彼はフィリピンから直接来たそうで、到着時はまさかの半袖! ぶるぶる震えながらチェックインの手続きをしていました。メルボルンがこんなに寒いとは知らなかったそうで、全然冬服を用意していなかったのだとか。

 

同じオーストラリアでもダーウィンやケアンズのような熱帯性気候の地域に行くのと、シドニーやメルボルンのようにしっかりと四季のある温帯性気候の地域に行くのとではわけが違います。一つの大陸だけあって地域による気候の差は激しいので、オーストラリアに留学や旅行を考えている方は注意しましょう。私もオーストラリアはどうせ暑いだろうと高をくくって、ニュージーランドから来る前に冬服を処分してしまった一人です。

 

暦の上では6月~8月が冬に当たるので、これからまだ寒くなります。今年の初め日本で真冬を過ごしたばかりなので気分的に嫌ですが、冬が終わるまではひたすら仕事に打ち込み、春が訪れたときに旅行に行けるよう蓄えをしたいと思います。