読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な海外生活ブログ

ニュージーランド、オーストラリア、そしてカナダ。転々と放浪中

ワイカリーでの生活

9日ぶりの更新です。Wi-Fi環境がよくないため、今後も週1程度の更新になってしまいそうです。

 

さて、アデレードを離れてやって来た場所はワイカリーという小さな町にあるバックパッカー。Murray River Queenという名前で、マレー川(Murray River)に実際に浮いている船がそのままバックパッカーとして経営されています。ワーカーズホステルなので、基本的にはセカンドビザ取得を目指してピッキングの仕事をしている人のみが滞在しています。部屋は3人ドミトリーでバスルーム付なのですが、正直に言うと質は低いです。まぁボトムベッドを確保できているだけましと思うしか無いですね。

     船のホステル"Murray Rier Queen"

 

残念ながらクリスマスと年末年始の休暇に入ってしまったため、ワイカリーに滞在開始してから1週間仕事も無く、退屈な日々を送っております。メイン通りに出れば一応スーパーや小さなカフェは存在するものの、時間つぶしには使えません。図書館もありますが小さくて自分だけのスペースが確保できない上に、クリスマス前から年明けにかけて休館という事態。閉館前にぎりぎりで借りた4枚のDVDの内3枚はリージョンコードの問題で再生できず、残りの1枚も、おそらく傷がついているせいか、途中から再生できなくなる始末。ここまで退屈な生活は初めてです。私は決して都会っ子ではないのですが、ここまで何も無いと都会が恋しくなります。

                                          

       朝陽に照らされるマレー川

 

仕事は1月2日から始まる予定とのこと。今オーストラリアは真夏で最高気温が40度を超えることも珍しくないので、体にだけは気を付けて頑張ります。しかし、個人的にセカンドビザを申請するつもりは全くないので、ある程度お金を溜めたら次はメルボルンに行く予定です。今のところ1か月程度を見込んでいます。アデレードに戻っても仕事を見つけるのは大変そうですし、アデレードからメルボルンはそこまで離れていないので。

 

詳細は次回の投稿に譲りますが、今少しへこんでいるので一回主要都市に行って、精神的に回復させたいと思っている次第です。